映画『生きちゃった』DVD/石井裕也 監督

¥4,180

本と映画と音楽の商品一覧を見る


石井裕也監督の2020年の作品である映画『生きちゃった』です。ある日、当店の店主の後藤に石井監督から「読んでほしい脚本があるんです。スーパーの店長役で、後藤さんに出演してほしいんです。」と連絡がありました。それは大島優子さんとの台詞もある1シーン。いつも仲よくさせていただいている石井さんからの無謀にも楽しそうなお誘いを、断わる理由はありませんでした。映画のパンフレットの撮影日誌の中で、監督は後藤の出演シーンについて「カタギではない素人は、やはり絶妙で最高に面白かった。映画が小さく動揺し、震えるのだ。」と書いてくれています笑。後藤はともかく、石井組の熱量を、役者の皆さんのスゴさを、どうぞ観てみてください。 石井裕也監督の映画は他にも『川の底からこんにちは』『舟を編む』『ぼくたちの家族』『バンクーバーの朝日』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』『茜色に焼かれる』『アジアの天使』など、どれも大好きなのです。

(以下、TCエンタテインメントのオフィシャルサイトより引用)

作品ポイント
●石井裕也監督渾身のオリジナル最新作にして原点回帰!商業映画デビュー作『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞し、『舟を編む』では第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞はじめ6部門制覇など数々の映画賞を席巻する石井裕也監督最新作。今回は自らプロデューサーも兼ね、瑞々しい初期衝動が全力で爆発する。“再デビュー作”とでも呼ぶにふさわしい勇猛果敢な挑戦だ。●仲野太賀×大島優子×若葉竜也共演!主演の仲野太賀、妻役に大島優子、親友役に若葉竜也。その他豪華俳優陣が名を連ねる。キャストには「本気」で戦う覚悟を持つ俳優だけが集まった!石井監督いわく「信頼できる仲間」のみ。●人間賛歌をスタッフ&キャストと共に目指した破格のエモーショナルな熱量が、衝撃のラストで最高潮に達する!本編91分。

あらすじ
幼馴染の厚久と武田。そして奈津美。学生時代から3人はいつも一緒に過ごしてきた。そして、ふたりの男はひとりの女性を愛した。30歳になった今、厚久と奈津美は結婚し、5歳の娘がいる。ささやかな暮らし、それなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、奈津美が見知らぬ男と肌を重ねていた。その日を境に厚久と奈津美、武田の歪んでいた関係が動き出す。そして待ち構えていたのは壮絶な運命だった。

キャスト
仲野太賀 大島優子
パク・ジョンボム 毎熊克哉 太田結乃 柳生みゆ レ・ロマネスク 芹澤興人
北村有起哉 原日出子 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 嶋田久作
若葉竜也

スタッフ
脚本・監督・プロデューサー:石井裕也
主題歌:「夏の花」(作詞・作曲:河野丈洋 歌:仲野太賀・若葉竜也)
Presented by Heaven Pictures Hong Kong
Co-produced by The Hong Kong International Film Festival Society
Presented by LUO FANG Producer YANG JIN Project Director JACOB WONG Executive Producer JING LEE
共同プロデューサー:永井拓郎 北島直明(日本テレビ)
制作:RIKIプロジェクト ビッグアーチ 配給:フィルムランド

発売元:フィルムランド
販売元:TCエンタテインメント
2021年3月12日発売