昨年11月、当店の開店時に
素晴らしいお花をいけてくださった
圷奈保美さん。

埼玉を拠点に、山の花のなげいれ「山里花」を
主宰されています。

この11月には、晩秋の花会(はなのえ)
「過ぎゆく山のうた」を駒場公園内旧前田家本邸 
和館の茶室と和室にて行い、
素晴らしい花会となりました。

来年の2月より、定期的に当店にて
なげいれのワークショップを
開催させていただくこととなりました。

先生のデモストレーションをみて、
花や季節のしつらえについて学び、
そしていける貴重な少人数のワークショップです。

山の空気を感じながら、自然の姿をいけてみる。
自分の花をいけてみる。
自然あふれる鎌倉 佐助の谷戸にて、
ぜひ体験してみてください。
 

菓子は逗子の菓子作家 嶋ゞの
小島直子さんがお作りくださる季節の菓子。
@shimajima.kashi



 

『春告げ花会』はるつげはなのえ


2024年2月6日火曜日
13:00〜17:00頃
定員:各6名さま
※終了いたしました。
※画像は参考イメージです。

※キャンセルは1/27以降は材料確保のため不可となりますことをご了承ください。


鎌倉 佐助 
喫茶ギャラリー「アピスとドライブ」
〒248-0017
神奈川県鎌倉市佐助2-13-13
Tel.0467-26-8725
【お問い合わせ】shop@drivedirection.jp


-----------------------------------------------

春を迎えるしつらいで皆様をお迎えし

春の山のこと花のことをお話ししながら

花を生けます(デモンストレーション)

皆様にはそれぞれ

青竹に花を生けていただき春を呼びます

花と青竹はお持ち帰りいただきます


花をのみ 待つらん人に山里の
雪間(ゆきま)の草の 春を見せばや
〈藤原 家隆のうた〉

はるかぜが氷を解くころ  七十二候:東風解凍
 『春告げ花会』はるつげはなのえ

この雪の 消(け)残る時に いざ行かな
山橘(やまたちばな)の 実の照るも見む
(万葉集 巻十九 4226) 大伴家持


-----------------------------------------------

持ち物:
花切りハサミ、新聞紙や袋など
花を持ち帰るためのもの。

参加費用:12,000円税込
(青竹・花代・お茶・お茶菓子 含む)

※終了いたしました。






講師プロフィール
「山里花」圷奈保美
https://yamasatohana.jimdosite.com/
@nahomi_akutsu
https://note.com/cute_hare36/

 


なげいれの花
花を習い花と向き合ううちに
花にならい花に生かされ
美しい日本の心を教えてくれる
野や山を歩き 花を生けています
2005年~2017年まで
花人・川瀬敏郎先生に師事
なげいれの花を学ぶ
2009年から生け込、教室、花会などの活動開始

 

 
お申し込み
オンラインストアよりご購入ください。
※募集は12/27 20時より開始します。
※定員になり次第締め切りといたします。ご了承ください。